GRITやり抜く力

GRITやり抜く力 生きる意味を学べる本
GRITやり抜く力

著者と著者のプロフィール

著者名:アンジェラ・ダックワース

アンジェラ・ダックワースのプロフィール

アンジェラ・ダックワース(Angela Duckworth)は1970年にアメリカ合衆国ペンシルベニア州に生誕。アメリカ合衆国の心理学者、作家、教育者でもあります。


彼女はハーバード大学で心理学を学び、その後、オックスフォード大学で研究を行い、ペンシルベニア大学で博士号を取得しました。ペンシルベニア大学にて、教育心理学の准教授として教鞭をとっています。

彼女は人生における「やり抜く力」(GRIT)についての研究で知られており、この研究が『GRIT やり抜く力』という著書のもとになりました。この本は、彼女の研究結果や自身の体験を元に、成功に必要な「やり抜く力」を身につけるための方法を提供しています。

また、彼女は、教育現場でも活躍しており、キップ校(KIPP)というチャーター・スクールで教壇に立っていた経験を持ち、教育者向けの研修などを行っています。彼女の研究や教育活動は、多くの人々から高い評価を得ています。

この書籍の概要

「GRIT やり抜く力」は、心理学者であるアンジェラ・ダックワースによる、人が成功を収めるために必要な「やり抜く力」という概念についての書籍です。本書では、何度も失敗を経験し、挫折を繰り返しながらも、目標を達成する人々の特徴や、彼らがどのようにしてやり抜く力を身につけたのかについて説明されています。

ダックワースは、自身の研究から得られた知見を元に、やり抜く力を構成する要素として「情熱」「粘り強さ」「目的意識」「希望」を挙げています。この要素を理解し、身につけることで、人は挫折に打ち勝ち、目標を達成することができると主張しています。

本書は、膨大な量の研究データをもとに書かれており、実践的なアドバイスや、具体的な事例が数多く紹介されています。また、ダックワース自身が、子供のころからどのようにしてやり抜く力を身につけたかについても触れられており、読者にとっての参考になるでしょう。

全体的に、本書は非常にわかりやすく、読みやすい構成になっています。やり抜く力を身につけるためのアプローチが明確に提示されており、読者にとっては、自己啓発のヒントを多く得られることでしょう。ただし、やり抜く力を身につけることは容易ではないため、あくまで理論だけではなく、実践に基づいた取り組みが必要であるということも、念頭に置いておく必要があるでしょう。

総合的に見ると、「GRIT やり抜く力」は、やり抜く力についての理解を深め、実践的なヒントを得ることができる優れた書籍だと言えます。成功を収めるためには、やり抜く力を身につけることが欠かせません。本書は、そのための手がかりを提供してくれる一冊です。

この書籍の伝えたい事

「GRIT やり抜く力」を伝えたいことは、人生において成功を収めるためには、やり抜く力が必要であるということです。

本書によれば、やり抜く力は情熱、粘り強さ、目的意識、希望という要素から成り立っています。これらの要素を身につけることで、人は挫折に打ち勝ち、目標を達成することができるとされています。

成功には才能や運も必要ですが、やり抜く力があるかどうかが最も重要な要素であると言われています。やり抜く力があれば、途中で諦めることなく努力を続け、失敗から立ち直り、最終的に成功につなげることができます。

また、本書には、やり抜く力を身につけるための具体的なアプローチが紹介されています。自分が情熱を持てることや、目標を細分化すること、挫折から学ぶことなど、取り組みやすい方法が提示されています。

このように、やり抜く力は誰にでも身につけることができるものであり、人生を成功に導くために必要な能力であると言えます。本書を通じて、多くの人々がやり抜く力を身につけ、目標達成に向けて努力を続けることを願っています。

作品の背景

本書の背景には、ダックワースが長年にわたって研究してきた「GRIT(グリット)」という概念があると言われています。

彼女はハーバード大学で心理学を学び、その後、ペンシルバニア大学で研究を行っていました。
彼女は、大学の学生や競技者などのグループを対象に、成功に必要な要素や、それらを身につけるためのアプローチを研究してしたのですが、その結果、彼女は「GRIT」という概念を提唱しました。GRITとは、情熱と粘り強さ、目的意識、希望という要素を持ち合わせた「やり抜く力」のことを指しています。この概念は、彼女自身が長年にわたって研究してきた内容であり、自身の経験や研究結果に基づいているとされています。本書は、このGRITという概念を紹介し、やり抜く力を身につけるための具体的なアプローチを提供しているものです。

投稿者プロフィール

岡下 俊介
岡下 俊介セブンシーズネット代表
関西大学工学部卒業
京都の株式会社日本LCAで経営コンサルタントを経験
株式会社IVPを経て自らIT企業(有限会社セブンシーズネット)を立ち上げ起業するが、その後脳出血で会社は廃業同時に半身不随の障害者となり、
約10年間、障害者雇用で職を転々とする。
10年後の2022年3月に銀座コーチングスクール認定コーチに合格
2022年4月からコーチングビジネス活動スタート、
現在、プロコーチとしてエグゼクティブコーチングからパーソナルコーチングまで幅広い分野でコーチとして活躍中
コーチの紹介ページ
銀座コーチングスクール認定コーチ
フリーランス(個人事業主岡下俊介)としてのホームページ
セブンシーズネット岡下俊介
タイトルとURLをコピーしました