岡下 俊介

樅ノ木は残った|山本周五郎 生きる意味を学べる本

樅ノ木は残った|山本周五郎

著者のプロフィール 著者 山本周五郎著者のプロフィール本名:清水 三十六(しみず さとむ)質店の徒弟、雑誌記者などを経て文壇に登場。山梨県生れ。横浜市の西前小学校卒業後、東京木挽町の山本周五郎商店に徒弟として住み込む。1926年「須磨寺附近」が「文藝春秋」に掲載され、文壇出世作となった。『日本婦道記』が1943年上期の直木賞に推されたが、受賞を固辞。以後、「柳橋物語」「寝ぼけ署長」「栄花物語」「樅ノ木は残った」「赤ひげ診療譚」「五瓣の椿」「青べか物語」「虚空遍歴」「季節のない街」「さぶ」「ながい坂」と死の直前まで途切れなく傑作を発表し続け、庶民の立場から武士の苦衷や市井人の哀感を描いた時代小説、歴史小説など大衆小説で知られています。特に晩年多くの傑作を書いて高く評価された。画像:産経ニュース 書籍の概要 東京大空襲によって焼け野原と化した東京を舞台に、家族を失った少女・喜美子を中心に展開される物語です。この物語は焼け跡から生き残った樅ノ木を見つけ、それを母親代わりとして育てることに決めた喜美子が、周りの人々とともに、破壊された街で生き抜くために懸命に努力し、やがて立ち直っていく様子が描...
GRITやり抜く力 生きる意味を学べる本

GRITやり抜く力

こ書籍名:GRITやり抜く力 著者と著者のプロフィール 著者名:アンジェラ・ダックワースアンジェラ・ダックワースのプロフィールアンジェラ・ダックワース(Angela Duckworth)は1970年にアメリカ合衆国ペンシルベニア州に生誕。アメリカ合衆国の心理学者、作家、教育者でもあります。彼女はハーバード大学で心理学を学び、その後、オックスフォード大学で研究を行い、ペンシルベニア大学で博士号を取得しました。ペンシルベニア大学にて、教育心理学の准教授として教鞭をとっています。彼女は人生における「やり抜く力」(GRIT)についての研究で知られており、この研究が『GRIT やり抜く力』という著書のもとになりました。この本は、彼女の研究結果や自身の体験を元に、成功に必要な「やり抜く力」を身につけるための方法を提供しています。また、彼女は、教育現場でも活躍しており、キップ校(KIPP)というチャーター・スクールで教壇に立っていた経験を持ち、教育者向けの研修などを行っています。彼女の研究や教育活動は、多くの人々から高い評価を得ています。 この書籍の概要 「GRIT やり抜く力」は、心理学者であるア...
嫌われる勇気 生きる意味を学べる本

嫌われる勇気

書籍名 嫌われる勇気 著者のプロフィール 著者:岸見 一郎 岸見 一郎プロフィール 956年、京都生誕生 京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学(西洋古代哲学史専攻) 京都教育大学教育学部 奈良女子大学文学部(哲学・古代ギリシア語) 近大姫路大学看護学部、教育学部(生命倫理)非常勤講師、 京都聖カタリナ高校看護専攻科(心理学)非常勤講師を歴任。 専門の哲学に並行してアドラー心理学を研究、精力的に執筆・講演活動を行っている この書籍の概要 アドラー心理学を分かり易くに説明した著作 青年と哲学者(著書では「哲人」)が対話する形式で青年が質問し、哲学者(哲人)が答える形でアドラー心理学の根本概念まで会話が進んでいく形式の文体なので通常の文章形式よりアドラー心理学を分かり易く書いてる奇抜な書き方の著書 この書籍の伝えたい事 ・承認欲求を持つ事はは他人の人生を生きており自分の人生を生きていない 他者への関心こそが人間関係の中で重要 全ての悩みは対人関係である 自己否定に走らないためには共同体感覚が重要 作品の背景 岸見 一郎氏はギリシア哲学者だがアドラー心理学に出会い アドラー心理学が世に広ま...
泣き言はいわない 山本周五郎 生きる意味を学べる本

泣き言はいわない 山本周五郎

著者のプロフィール 著者 山本周五郎著者のプロフィール本名:清水 三十六(しみず さとむ)質店の徒弟、雑誌記者などを経て文壇に登場。山梨県生れ。横浜市の西前小学校卒業後、東京木挽町の山本周五郎商店に徒弟として住み込む。1926年「須磨寺附近」が「文藝春秋」に掲載され、文壇出世作となった。『日本婦道記』が1943年上期の直木賞に推されたが、受賞を固辞。以後、「柳橋物語」「寝ぼけ署長」「栄花物語」「樅ノ木は残った」「赤ひげ診療譚」「五瓣の椿」「青べか物語」「虚空遍歴」「季節のない街」「さぶ」「ながい坂」と死の直前まで途切れなく傑作を発表し続け、庶民の立場から武士の苦衷や市井人の哀感を描いた時代小説、歴史小説など大衆小説で知られています。特に晩年多くの傑作を書いて高く評価された。画像出典元: 産経ニュース 本の概要 過去の作品の中からテーマ別に分けられた名言集 私の感想及び批評 この書籍を読み、身体障害者となり、還暦を迎えた私の心に突き刺さる感涙し、勇気づけらた名言!人間の一生には晴れた日も嵐の日もあります、どんなに苦しい悲惨な状態も、そのまま永遠に続くということはありません人はときによって...
ブッダ真理の言葉 生きる意味を学べる本

ブッダ真理の言葉

著者のプロフィール 著者 佐々木閑 著者のプロフィール 福井県坂井郡三国町の真宗高田派盛立山称名寺]に長男として出生 坂井市立三国中学卒 福井県立藤島高等学校卒 京都大学工学部工業化学科卒 京都大学文学部哲学科仏教学専攻卒 京都大学大学院文学研究科修士課程修 京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学 カリフォルニア大学バークレー校南及び東南アジア言語学科Ph.D.課程入学 花園大学文学部仏教学科講師 花園大学文学部助教授 アショーカ王時代の仏教部派』で佛教大学で博士 花園大学文学部教授 上述のように大学までは京都大学工学部という超エリート理系にもかかわらず、途中から文学部哲学科仏教学を専攻したという仏教学者としての経歴としては変わり種の仏教学者でしょう。 画像出典元:PR TIMES 仏教学の第一人者 花園大学教授 佐々木閑 本の概要と主張 【一切皆苦】 生きる事は苦である 【一切皆苦】のいわんとする事 人間は生きていると楽(平和等)になると考えるのは間違いである。 人間が生きる事は苦しみに満ちていると考えるべきである たとえ一時的に楽(平和等)になっても、次の新しい苦が待っており苦し...